海外でのクレジットカードの使い方と注意点

海外に行くときには、クレジットカードを持って行った方がいいというのは、なんとなく知っている人も多いでしょう。ですが、実際に海外に行ったことがない人は、どうやってカードを使うのか、またカードを使うことに危険性はないかなどといったことが、気になるのではないでしょうか。

ここでは、海外に行った時にクレジットカードをどういう風に使うのか、そして海外でのクレジットカードに関する注意点について掘り下げていきます。

海外ではクレジットカードが便利?

日本でも、最近は昔に比べると、クレジットカードが普及してきて、コンビニやスーパーでもカード払いをする人が増えてきたようです。ですが日本はまだまだ現金社会で、クレジットカードをほとんど使わないという人も少なくありません。現金中心という方が大半を占めているでしょう。

そういう日本人からすると想像がつきにくいかもしれませんが、海外ではカード社会の国が多く、あまり多額の現金を持ち歩く習慣がありません。これは、現金だと財布を盗られたり、失くしたりしたときに、一銭も戻ってきませんが、カードだとすぐに止めればそれ以上使われることはないという、カードの安全性が関わっているのだと考えられます。単にカード払いの方が、かさばらなくて便利ということもあります。

日本人は、スリの多い状況というのに慣れていません。そのため、海外に行くとスリに遭遇する日本人がとても多いのです。そのときに、現地での行動をすべて現金に任せていると、その現金が全て盗まれてしまった時に、どうしようもなくなってしまいます。カードにも危険性というのはあるのですが、現金とは違い、何かトラブルがあったときにカード会社に対応をお願いできるため、現金よりも安全だと言えます。

さらに、両替のレートも現金両替よりもクレジットカードを使った方がかなりお得になります。国によっては、現金両替をすると札束になってしまうこともあり、そうなるとしまう場所もなくなってしまいます。こういう場合に、最低限必要な現金とクレジットカードというお金の持ち方をすると、悩まされることはありません。

そういうわけで、海外に行くときには、クレジットカードを持っているととても便利なのです。

海外でクレジットカードを使う準備

海外に行くことになって、手持ちのクレジットカードを使うときには、あらかじめちょっとした準備をしておくと、現地でトラブルにあったときにも安心です。

まずは、カードは2種類は持っておくと安心です。日本ではどこでも使えるJCBは、海外では使えないところもありますし、お店によって契約しているカード会社が違ったりして、使えないものがあるときもあります。異なる国際ブランドのカードを2種類持っておけば、こういったトラブルは起きません。また、2種類以上カードを持っておくことにより、磁気が飛んだり、カードが何らかの事情により止まってしまった場合に、予備があるので安心です。

そして、万が一のときのために、カード会社の問い合わせ先を控えておきましょう。盗難にあったとき、カードに不具合がでたときなどに、電話をかけて対応をしてもらう窓口です。これが分かっていると、いざというときにも、スムーズに対処ができます。

利用限度額が足りないと思う場合には、出発前に増やしておくことができます。海外に行く前に、利用限度額もチェックしておくと安心です。

国によっては、ICタイプの暗証番号(PIN)を入れて使うクレジットカードが主流になっている国もあります。サインは偽造される可能性がありますが、暗証番号は簡単なものでない限り、そうそう当てられることはありません。ですから、クレジットカードは、ICタイプのものを持っておくと安心です。

お店によっては、ICタイプのカードを使うときに、サインでは支払いを受け付けてくれないこともあります。ICタイプのカードを持って行く場合、暗証番号は忘れないように注意してください。

海外でのクレジットカードの使い方

海外で買い物をするときの、クレジットカードの使い方自体は日本と同じです。まだまだサインを求められることの多い日本に比べると、海外、特に欧米圏は圧倒的に暗証番号を求められることが多いでしょう。暗証番号はカードの機械に打ち込むだけのことなので、特に難しいことではありません。日本でサインばかりしていると、暗証番号を訊かれて慌ててしまうかもしれませんから、心の準備だけしておきましょう。

海外でクレジットカードを使う場面はどんなときかというと、ホテルやレストランの支払い、お土産代、遊園地などの入場料、その他多くの場面で使うことができます。ちなみに海外でクレジットカードを使う場合、支払い方法は一括払いのみです。後から自分でリボ払いに変更することはできます。

海外のレストランなどでは、チップの問題があります。チップは、クレジットカードで支払うときに、請求額をキリの良い金額に繰り上げてもらって支払うか、言葉での意思疎通に不安があるなら、現地通貨の小銭や小額紙幣で、別に支払っても構いません。サービスチャージ(Service Charge)というものが会計に含まれている場合は、チップは必要ありません。

小さな商店や、ストリートマーケットなどのお土産やさん、ローカルな食堂などでは、クレジットカードが使えないこともあります。どう見分けるかというと、日本でもそうですが、お店の分かりやすいところに、使えるカードブランドの一覧が図で示してあります。それがないお店では、基本的にクレジットカード払いはできないと思っていいでしょう。また、1,000円以下の少額な支払いなら、現金の方が楽なこともあります。

海外で病院に行く場合もクレジットカードが便利

海外でクレジットカードを使う場面は、買い物やサービスを受けるときだけではありません。病院で治療を受けた時にも、クレジットカードが役に立ちます。病気になったり、事故にあったりしなければ、医療機関を使うことはないでしょう。しかし、もし万が一のことがあった場合、国によっては医療費が高額になってしまいます。とても現金では払えない額です。このときに、クレジットカードを持っていると非常に安心です。

3ヶ月未満の短期の海外滞在であれば、海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っておきましょう。キャッスレス診療といって、保険に入って入れば、窓口で医療費の支払いをする必要がないタイプの保険であることも確認しておいてください。あとは、治療を受けた時に、そのクレジットカードを提示するだけです。このあたりのことは、カード会社によって異なりますので、一度カード会社に詳しく問い合わせをしておきましょう。

盗難やスキミング被害について

カードが盗まれたことに気づいたら、あらかじめ控えておいたカード会社の連絡先に電話をして、すぐにカードを止めてもらいましょう。複数枚カードを持って行くのは鉄則ですが、保管場所は別々にしておくと、盗難に遭ったときにもう1枚は手元に残ります。

スキミング被害といって、カードの磁気記録情報を不正に取得するといったような犯罪も、海外ではよく起こります。これを防止するためのケースなどが販売されていますが、そういう方法でもない限り、予防するのが難しい犯罪です。キャッシングなどでATMを使うときには、銀行内のATMや、空港などで利用者の多いATMを選ぶようにすると、比較的安全だと言われています。また、暗証番号を打つときには、手元を隠すなどして、周囲に用心しましょう。

まとめ

海外だからと言って、クレジットカードの使い方が難しくなるということはありません。クレジットカードは不正利用に気づいたら、カード会社が対処もしてくれます。万全の準備、心構えをしていけば、あまり神経質になりすぎる必要もないでしょう。

コメントの入力は終了しました。