海外でクレジットカードを使用した時のサインは、漢字がいい?それともローマ字?

海外でクレジットカードを使用した時に、店の人からサインが求められます。この時のサインは、漢字がいいですか?それともローマ字がいいですか?お店の人が外国人なので、漢字ではなく、ローマ字を選択するかもしれません。では、本当はどちらがいいのでしょうか?また他に気をつけるべきことはあるのでしょうか?順を追って考えてみましょう。

まず、カードを受け取った時にすべきこと

1:カード受け取ったならまずすべきこと

クレジットカードが家に届いたなら、まず表面を見て、名前のスペルや日付などが合っているかを確認します。それから、裏面に自分のサインをします。うっかり名前を書き込んでいない人も多いようですが、これは、とても大事です。

サインしていないとどうなるか

サインしていないと、海外でも国内でもカードを使用することができません。なぜなら、カードに書かれている直筆のサインと、今商品を購入した際に記入したサインを比較して、本人確認をするからです。万が一、カードを無くし不正使用された場合、多くのカード会社は、サインをしていないカードについては、保証の対象外となっています。自腹を切らなければならない可能性が高くなります。それで、比較的簡単な作業ですから、届いた当日にサインをしましょう。

2:サインすることの意味

サインすることには、先ほども触れたように本人確認の意味があります。それで、カードの裏面に署名した同じサインを書くことが必要です。クレジットカードの表面に書かれているのは、大抵ローマ字です。しかし、裏面のサインが漢字で書いたのであれば、伝票にサインする際も必ず漢字で署名します。間違ってローマ字でサインするなら、本人かどうか疑われるかもしれません。

またこのサインには、この取引に同意した、承諾したという意味があります。

3:サインは漢字かローマ字か

署名を漢字にするかローマ字表記にするかは、基本的にはどちらでも構いません。実は日本語のサインで全く問題無いのです。さらに、漢字でのサインは不正防止にも役立ちます。私たちが考える以上に外国人にとって、漢字を書くことは難易度が高く、同じようにサインすることはとても難しいのです。そのため、漢字でサインをするようにすれば、より安全で不正使用されにくくなります。さらに、漢字は日頃からよく書いているため、サインする時も、スラスラと書けるというのも利点の一つです。

大切なのは、クレジットカードの裏の署名と同じ仕方で、サインをすることです。カード裏面が漢字であれば漢字で、ローマ字であればローマ字でのサインが必要です。もしローマ字の表記の上にさらに漢字で二重に書いたりすると、そのカードはATM以外では使用できなくなりますので気をつけてください。

4:注意点

店の人がカードを持って、店の奥に行き処理しようとするかもしれません。状況にもよりますが、目の前で処理するように促すのが最前です。

さらに、サインをする前に必ず金額をチェックしましょう。自分が注文したものと同じものであるかどうか、さらに合計金額が合っているかをチェックします。

また、合計金額が空欄だったり、チップの部分が空欄である場合もあります。必ず、空欄のままにするのではなく、適切な金額を書き込んでください。チップは必要ないと思えば、 × を記入します。もし空欄のままでサインしてしまうなら、思わぬ金額を請求されることがあるようです。

まとめ

カード受け取ったなら、裏面に自分に署名をします。ローマ字でも漢字でも問題ありませんが、漢字で署名するなら、より安全です。サインする際には、伝票をよく確認してください。サインすることは、その契約に同意することを意味しています。そのため、しっかり伝票をみて、商品の規格や金額が正しいかをチェックしてから、サインをしてください。

クレジットカードはとても便利で、簡単に決済をすることができます。同時に、不正利用を防ぐために注意するべきこともあります。上手に使って快適な旅行を楽しんでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする