便利でお得なVisaカードで海外キャッシング、ATMから現地通貨を引き出す方法

皆さんは、visaカードを使って、海外でキャッシングしたことがありますか?クレジットカードキャッシングというと借金のように感じて、抵抗がある人もおられるかもしれません。しかし、現地のお金を調達する方法としては、とてもお得でオススメの方法です。

海外旅行での現金調達にはキャッシングがおすすめ

現地のお金を調達する方法は、幾つかあります。空港で日本円を両替する方法、国際キャッシュカードを使って、現地のATMで現地通貨を引き出す方法などがあります。しかし今回紹介するvisaカードを使って海外でキャッシングをする方法は、一番率が良く、おすすめの方法です。では、実際にvisaカードを使って海外でキャッシングする方法をご説明いたします。

1:旅行前に確認すること

まず、自分の持っているカードにvisaとPlusのマークが入っている事を確かめてください。このカードは現地のvisaとPlusと書かれているATMで、キャッシングすることができます。

自分のカードがキャッシングに対応しているかを確認します。さらにキャッシングにも限度額が設定されていますので、利用限度額も確認しておくと安心です。もし分からなければ、カード発行会社に問い合わせて見てください。いざという時の為にカード会社の連絡先を控えておくと良いでしょう。ここでは、visaのカスタマーサービスのURLを記載します。このサイトの中で、自分の渡航先を選び連絡先を控えておく事もおすすめします。

カスタマー・サービスの担当者が年中無休、24時間体制でサポートしてくれます。

visaグローバル・カスタマー・アシスタント・サービス

2:現地でATMを見つける

現地に到着した後、ATMを探してください。そのATMに「visa」か「Plus」マークがあれば、そこでvisaカード使い、キャッシングをすることができます。もし自分のカードのブランドが「Mastercard」や「JCB」であるなら、「mastercard」「cirrus」のマークを探してください。多くの空港に設置されているATMは、このどちらのカードにも対応しています。

ATMを使用する際の注意として、夜間の利用や混雑している路面のATMの利用は避け、なるべく空港や金融機関に設置されているATMを使うのが勧められています。夜間は、万が一、カードが出てこなくなってしまった場合、取り出せず、営業時間が始まるまで待たなければならないかもしれません。また、ある場所には、銀行のATMそっくりのATMが設置され、利用した人がスキミングなどの被害にあったことが報告されています。それで、混雑している路面のATMは避けるのが無難です。空港や金融機関に設置されているATMを利用しましょう。

3:ATMでキャッシングする

ここでは、キャッシングをする流れを説明します。日本語が選択できれば、問題ありませんが、海外では、多くの場合、現地の言語と英語を選択することができます。英語の場合にvisaカードを使ってどのように、キャッシングするかを説明します。

1:カードを挿入します。

カードの挿入の仕方にも種類があるようです。ATMによっては、磁気テープをカードリーダーでスライドさせたり、面裏を逆に差し込むタイプのATMもあるようです。ATMの説明を参考に、まず自分のvisaクレジットカードを挿入します。

2:言語を選びます。

最初は、現地の言葉で表記されているので、戸惑うかもしれません。その中で、「LAGUAGE(言語)」「ENGLISH(英語)」「JAPANESE(日本語)」などの言葉を探してください。日本語が選択できなくても、多くのATMは、英語を選択することができます。

さらに、カード種類を聞いてくる画面が出ることもあります。「DOMESTIC(国内)」「FOREIGN(外国)」のどちらかを選びます。日本で発行されたカードを持っているなら「FOREIGN」を選びます。

3:暗証番号を入力する

「ENTER PIN(暗証番号入力)という画面が出てきたら、クレジットカードの暗証番号を入力します。外国の多くのATMは、6桁の暗証番号が入力できるようになっていますが、自分カードが4桁の暗証番号なら、4桁入力し、「ENTER」を押せば問題ありません。

4:取引内容を選ぶ

「SELECT TRANSACTION(取引内容の選択)」の画面が出てきたら、「WITHDRAWL(引き出し)」を選択します。この引き出しの言葉は大切ですから覚えておきましょう。

5:口座を選ぶ

「SELECT SOURCE ACCOUNT」 この画面が出てきたら、口座を選ぶことができます。今回のようにクレジットカードでキャッシングする場合は、「CREDIT(クレジットカード)」を選択します。この時、キャッシングではなく、国際キャッシュカードを使い、預金口座から現地通貨を引き出す場合は、「SAVINGS(預金)」を選択します。

6:金額を選ぶ

「SELECT DISPENSE AMOUNT(引き出し金額を選択)」の画面が出てきたら、引き出したい金額を選びます。選択肢の中にあれば、それを選びます。もしなければ、「OTHER」を押した後に金額を数字で入力します。事前に引き出す金額を決めておくなら、スムーズに作業を進めることができます。

7:現金とカード、利用明細書を受け取ります。

お金を引き出し、取引が終わるとクレジットカードが出てきます。カードが出てきたら迅速に取り出して下さい。多くのATMは、安全上の都合から、取り出しが遅いと回収される設計になっています。

またもし途中で操作が分からなければ、冷静に取り消し(CANCEL/EXIT)や訂正(CLEAR)を選択し、始めからやり直しましょう。後に確認が必要な場合もありますから、利用明細書は必ず受け取り、大切に保管しておいてください。

4:注意点

  • 事前に暗証番号と引き出す金額を考えておいてください。暗証番号を確認するためタブレット開いたり、引き出す金額を迷っているうちに、カードが吸い込まれてしまい、出すことができなくなるケースがあります。それで、カードをATMに挿入する前に、暗証番号を確認し、引き出す金額を決めておいてください。
  • ATMから不必要に離れる事のないように注意しましょう。様々な理由をつけて、注意をそらせ、利用者がATMから離れるように仕向けるケースも報告されています。それで不必要にATMから離れず、取引を最後まで終わらせましょう。最後にクレジットカード、現金、利用明細書を持ったことを必ず確認してください。
  • 日本では、あまり経験することはありませんが、海外のATMでは、機械自体に現金がなくなってしまう場合があります。その場合は、現金の取引ができずに、電子マネーのみという表示になります。違うATMを探してみてください。並んで置いてある場合、一つに現金がなくても、隣のATMは利用できる場合があります。
  • 旅行を終えて、日本に帰国されたなら、すぐに一括返済しましょう。そうすれば、国際キャッシュカードで引き落としたり、日本円を両替するよりも安く済ませることができます。もし、返済を遅らせてしまうなら、キャッシングの利息が手数料を超えてしまい、お得では無くなります。帰国後に、可能な限り早めに一括返済してください。

海外でのキャッシング時の必須英単語

下記に、海外でクレジットカードでキャッシングする時に使用される英語の単語を列挙します。これを覚えておくなら安心してATMを利用できますね。

残高照会:BALCANCE

当座預金:CHECKING

クレジットカード:CREDIT

入力:ENTER

その他:OTHER

暗証番号:PIN

預金:SAVINGS

引き出し金額を選択:SELECT DISPENSE AMOUNT

口座選択:SELECT SOURCE ACCOUNT

取引:RANSACTION

振り込み:TRANSFER

引き出す:WITHDRAWAL

まとめ

visaカードを使い、海外でキャッシングをするのは、それほど難しくありません。最初に現地の言葉で表示されますので、少し戸惑うかもしれません。でも冷静に英語を選択することができれば、見慣れた言葉を見つけることができます。

キャッシングする時の、重要なキーワード「WITHDRAWAL」「CREDIT」は覚えておいて損はありません。海外でもvisaカードを使ってキャッシングで現金調達、お得で快適な旅を楽しんで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] さらに詳しいクレジットカードでのATMキャッシングのやり方はこちら。 […]

コメントの入力は終了しました。