クレジットカードがない人のための海外旅行対処法

パッケージツアーなどで、旅程で発生する大きな支払いのほとんどが日本で済む場合、クレジットカードがなくても海外旅行をすること自体は可能です。しかし、海外はカード社会な場所が多いですから、カードがないと不安に思う人もいるでしょう。ここでは、クレジットカードを持っていない人が、海外旅行をするときの対策などをご紹介していきます。

海外でクレジットカードが必要な場面とは

海外旅行をするときにクレジットカードを持っているといい、というのはすでに定説のようになっていますよね。これは、現金を持ち歩くと、盗難時に泣き寝入りするしかなくなるためというのが、1つの理由です。クレジットカードなら、カードを止めれば、それ以上は使われる心配はありません。

そのほかに、海外旅行の際にクレジットカードが便利な場面は、多額の支払いをする場合です。例えば、ホテル代や現地ツアー代などです。また、ちょっと良いレストランで食事をした際にも、現金で支払うよりはカードで支払う方がスマートです。国によっては、現金で支払うと、かなりの量の紙幣を渡すことにもなったりして、特に日本円換算で万単位の支払いをするときには、かさばって大変なこともあります。また、両替レートも、現金よりも、クレジットカードの方が良いので、クレジットカード払いをした方が、総額が安くなるのです。

最初からクレジットカードを持っていない場合、クレジットカードを提示することで、本人確認をするような場面はありませんし、どうしてもクレジットカード以外の方法で支払うことができないという場面はそれほどありません。しかし、ホテルの予約や現地ツアーの予約、レンタカー代は、クレジットカード払いのみの受付になっているところもあります。また、現金払いが可能でも、クレジットカードを提示する必要がある場面もあるでしょう。しかし、この問題は、日本であらかじめホテル代とツアー代を払って出発してしまえば、解消する問題です。

ですから、海外旅行でクレジットカードを持っていた方がいいという最大の理由は、やはり現金とは違い、盗難に遭ったときなどに対応ができるからといったところでしょう。海外では、日本よりもそういった犯罪が断然多くなります。ですから、大金を持ち歩くと危ないのです。

出発日まで時間がないなら即日発行カードがおすすめ

海外旅行では、クレジットカードを持っていた方がいいということがわかっても、出発までに時間がなくて、クレジットカードの申し込みができないという人もいますよね。通常、クレジットカードは申し込んでから、1週間程度は発行までに時間がかかるものです。

しかし、旅行までに1週間も時間がないという方でも、カードを持てる可能性があります。それは、「即日発行」をしているカード会社のカードに申し込むという方法です。即日発行のものであれば、遅くても明日までにはカードが手に入ります。

即日発行をしているカード会社は少ないのですが、例えば「アコムACマスターカード」、「エポスカード」、「VIASOカード」、「JCBオリジナルカード」「セゾンカード」というものがあります。それぞれ、いくつかの種類があるカードもあります。たとえば、VIASOカードだと、「三菱USJ NICOS VIASOカード」というものを選ぶと、海外旅行保険がついていたりします。旅行までに時間がないのに、海外旅行保険の申し込みを忘れていたという人には、このカードが向いているでしょう。即日発行可能なカードで、海外旅行保険付帯のものはほかにもありますから、申し込むときに調べておきましょう。海外旅行保険付帯のものは、今回の旅行では別の保険に入っていたとしても、将来的に便利です。

海外旅行では、クレジットカードを複数枚持っていると良いのですが、出発までに時間がなくて即日発行のものを申し込む場合は、1枚のカードと現金を併用するような形でも良いでしょう。

審査が通らずクレジットカードを持っていない場合

海外旅行までに時間はあるものの、今までクレジットカードを申し込んだ時に審査に通らなかったという人もいますよね。クレジットカードは、カード会社によって審査に通りやすい・通りにくいという傾向があります。どういう審査基準であるかというのは、公表はされていませんが、今まで審査に落ちていた人は、審査の厳しいカード会社ばかり申し込んでいたのかもしれません。

では、審査が通りやすいカード会社はどこかというと、「セディナカード」、「イオンカード」、「楽天カード」などが、審査が通りやすいことで有名です。中でも、イオンカードと楽天カードは、それぞれの銀行口座開設が必須の「イオンカードセレクト」、「楽天銀行カード」を選ぶと、ますます審査が通りやすくなります。

とは言え、銀行口座開設の必要のない方を選んでも、他のカード会社に比べると審査に通りやすいので、あまり心配はないかもしれません。どちらにするかは、自分が日頃イオン系列のお店を使うことが多いのか、楽天で通販をすることが多いのかで選ぶといいでしょう。

特にカード会社はどこでも良いということなら、楽天カードがおすすめです。旅行保険もついていますし、年会費ももちろん無料です。貯まったポイントは楽天で通販をするときのポイントとして使えますし、楽天ポイントは使わないということなら、ANAマイルに交換することもできます。ANA系のクレジットカードは審査が少々厳しく、審査落ちをしてしまうこともありますが、楽天カードならANAのマイルを貯めることもできるのです。

上記で挙げたカードよりは、審査が厳しめになってしまうようですが、「エポスカード」なら、即日発行も可能ですし、審査も通りやすいようです。クレジットカードの審査落ち経験者で、海外旅行まで時間がないということなら、エポスカードに申し込んでみてもいいでしょう。

こんな代替え案も・・・

もしも、イオンカードや楽天カードでも審査落ちしてしまうという場合は、JNB VISAデビットカードに申し込んでみましょう。これは、クレジットカードとは違い、銀行口座から直接お金を引き出す形でカード払いをするものです。これなら、口座にお金がなければカードが使えないので、クレジットカードのような審査はありません。JNBとは、ジャパンネット銀行のことですが、これをおすすめするのは、年会費が無料だからです。ただし、口座開設が必要になります。

審査に通らない、またはクレジットカードなんて怖くて持ちたくないという場合は、「マネパカード」や「キャッシュパスポート」という、海外旅行向けのプリペイドカードを申し込むのはどうでしょうか。プリペイドカードは、先に入金をしておく方式なので、クレジットカードの審査に通らない人でも問題ありません。

プリペイドカードを申し込む時間もないということなら、現金で旅行をすることになるでしょう。その場合は、現金の管理にはしっかり気をつけましょう。パッケージツアーなどでほとんどの費用を支払っている場合は、実質自分のお小遣い分しか持ち歩かないので、少しは安心できますね。

このほかに、国際キャッシュカードを使うという方法もあります。国際キャッシュカードとは、銀行が発行している海外のATMで使えるキャッシュカードのことです。国際キャッシュカードを発行している会社は、イオンカード、SBIネット銀行、UFJ銀行などがあります。

また、新生銀行なら日本で使えるキャッシュカードが、そのまま海外でも使えるので、申し込みは必要ありません。もしもすでに新生銀行の口座を持っているということなら、キャッシュカードを海外旅行に持って行きましょう。これで、多額の現金を常に持ち歩くようなことはなくなります。ただし、使えるATMが渡航先に十分に設置されているかどうかは確かめておいてください。

まとめ

このように、クレジットカードを持っていない人でも、海外旅行をすることは可能です。ですが、ここで紹介したように、クレジットカードを手にいれる方法もありますから、なるべくならカードを作っておくと安心です。

どの手段を取る場合にも、旅行中は盗難や紛失に気をつけて、油断せずに過ごしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする