海外でクレジットカードを使った時の手数料

国内でクレジットカードを使ったときには、一括払いなら手数料はかかりません。ですが、海外でクレジットカードを使うときには現地通貨から日本円に両替する形で請求されるので、手数料がかかりそうですよね。海外でクレジットカードを使った時の手数料って一体どうなっているのでしょうか。

海外でクレジットカードを使った時の手数料の仕組み

海外でショッピングや飲食のときにクレジットカードで払った場合、国内でカードを使うときとは違い、例え一括払いでも手数料が必ずかかります。この手数料は、為替手数料というのですが、各カード会社が独自で手数料を決めています。日本人の大多数が、Visa、MasterCard、JCBのうちのどれかのカードを持っているでしょう。この3社でいうと、VisaとMasterCardが1.63%、JCBが1.60%の為替手数料を設定しています。AmericanExpressなどになると、2.00%とちょっと高めです。参考:JCBの事務手数料1.6%

海外でクレジットカードを使うと、その決済情報が各カード会社に届いたときの為替レートが適用されます。この為替レートは顧客向けのレートで、ニュースなどで見る為替レート(銀行間取引レート)を基準として定められていますが、銀行やカード会社により多少違います。

例えば、カード会社の為替レートで計算して、海外で使った額が日本円で10,000円だったとしましょう。そうすると、この10,000円に、手数料の1.63%(Visa、MasterCardの場合)がかかってくるので、手数料は163円請求されるという仕組みになっています。例えば、海外でカードを使った総額が10万円だとすると、手数料は1,630円になってしまうので、国内で使う時は手数料無料だということもありますし、高いと感じてしまうかもしれません。

クレジットカードの為替手数料は高い?安い?

海外でクレジットカードを使ったときの手数料は、使った総額が多ければ多いほど、高く感じてしまうものです。ですが、実際にこの手数料は高いと言えるのでしょうか。

例えば、現金を両替所で両替する時には、手数料はその両替所の両替レートに含まれていることが多く、私たちの目には見えません。しかし、両替所で取られている手数料は、クレジットカードの為替手数料よりも高いことが多いようです。実際に目で見えないため、正確にどのくらいということは難しいのですが、現金両替で両替した金額と、クレジットカードで同じ金額を使った場合を比べると、現金両替の方が高いことが明らかになります。両替所も、場所によってかなりレートが違うので、100%そうだとは言い切れませんが、AmericanExpressの2%でさえ、両替所の手数料よりは安いことが多いでしょう。

どちらにしても海外でお金を使うときには手数料を支払う必要があります。その手数料が一番安いのが、クレジットカードで支払う手段なのです。

海外でクレジットカードを使うときの注意点

海外でクレジットカードを使う時に、手数料に関して注意を払う必要はありません。手数料はすでにカード会社毎で決まっているからです。この手数料の差異は大きなものではありませんから、手数料の安さでカード会社を選ぶよりは、自分の日常生活で一番得に使えるカードを選ぶべきです。しかし、一点注意しなければならないことがあります。それは、海外でクレジットカード中心で支払いをするという場合、カードを2枚以上用意しておいた方がいいということです。その時は、カード会社は別々のものにしましょう。そして、できれば別々の財布や入れ物に入れて持ち歩いてください。この理由には2つあります。1つは、盗難に遭った時に、盗難に遭った方のカードを止めて、もう1枚のカードで旅行を継続できるということです。もう1つは、稀に小規模のお店だと、使えないカードがあったりします。そういったトラブルを避けるためにも、カードは2枚は持っておいた方がいいのです。

前述のとおり、クレジットカードを海外で使うと手数料を取られるものの、その手数料は、現金両替に比べると微々たるものです。現金は最低限の両替にしておいて、クレジットカードを中心にして支払いをすませるのが、賢いやり方だと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする