海外旅行にクレジットカードなしで行くときの注意点

海外旅行をするときには、現金の他にクレジットカードを持っていると便利だということは、皆さんご存知のことと思います。ただ、何らかの事情により、クレジットカードを持っていなかったり、一時的に使えないという状態、ありますよね。それでも当然、クレジットカードを持たずに旅行に行かないといけない。そんな場面において、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。

ここでは、敢えて海外旅行にクレジットカードなしで行く場合について考えてみましょう。

■クレジットカードがないと多額の現金が必要になる

海外旅行の際にクレジットカードがないと、現金を大量に持ち歩かなければならなくなってしまいます。海外のほとんどの場所は、日本よりも治安が悪く、殺人などの凶悪犯罪が少ない場所でも、スリはよくいます。クレジットカードなら盗まれても、カード自体を止めれば大金を失うことはありませんが、現金は盗まれるとほぼ返って来ません。ですから、現金管理の方法には十分注意をする必要があります。スリなどに遭わないように、周囲に気を配ることも必要です。

■現金両替は手数料が高い

現金を多額両替すると、両替手数料もそれだけ高くなってしまいます。クレジットカード払いでも、手数料はありますが、現金両替の手数料よりもはるかに安く、レートが良いのです。ですから、少しでも手数料を安くすませたいのなら、なるべく両替のレートのよい場所を事前に調べておきましょう。

■クレジットカードなしでは個人予約はほぼできない

ホテルの予約をするときには、クレジットカードが必要な場合がとても多く、個人旅行でのホテルの予約は難しくなってしまいます。ホテルだけではなく、現地ツアーなどもクレジットカードなしでの予約は不可のところも少なくありません。さらに、レンタカーを借りようと思ったら、クレジットカードを提示しなければ、借りられないというレンタカー会社が海外ではほとんどです。ですから、クレジットカードがない人は、個人旅行はほぼできないと考えていいでしょう。

ただし、航空券代や現地でのツアー、ホテルの代金が全て含まれたパッケージツアーを日本で申し込めば、現金払いが日本円で可能です。そのため、クレジットカードがない海外旅行をするなら、パッケージツアーに申し込むことをおすすめします。「フリープラン」と言われる、航空券代+ホテル代のみ含まれるツアーへの参加も、クレジットカードなしでも実現可能ですが、その場合、参加したい現地ツアーがあるなら、日本にいるときに現金で支払えるものを選びましょう。

■海外での医療費はかなり高額になる場合がある

もう1つクレジットカードがないと非常に困るのが、医療関係です。もしも、現地で病気になったり、事故に遭ってしまった場合、国によっては多額の医療費がかかることがあります。海外旅行に行く際には、海外旅行保険に入ることが必須ですが、保険に入っていたとしても、一時的に自分で治療費を払う必要があるのです。

このとき、クレジットカードを持っていれば、クレジットカードで支払いができ、クレジットカードの引き落としまでには保険会社から振込みがあることも多いですから、あまり問題はありません。しかし、クレジットカードがない場合、医療費を払えるほどの現金を持ち合わせていないこともあるはずです。

こういったことで困ることがないように、海外旅行保険を申し込むときには「キャッシュレスサービス」というものがある保険を選びましょう。呼び名は各社で多少異なりますが、要は保険証を見せれば、その場で医療費を支払う必要がなく、後日保険会社が病院に直接支払いをしてくれるというサービスです。これがあれば、クレジットカードがなくて医療費を払えないというトラブルを避けることができます。ただし、保険会社各社の提携病院でしか使えないサービスですから、渡航先に提携病院があるかどうかを事前に調べておきましょう。

参考:損保ジャパンの新・海外旅行保険【Off】は非常に便利でおすすめです。

■まとめ

海外旅行に行く時には、クレジットカードがないと確かに不便なのですが、絶対に無理だというわけではありません。ここでご紹介したようなことに注意をしていれば、現金だけでも海外旅行は可能です。ただし、カードがある時以上に、事前にちゃんと準備をしましょう。