クレジットカードに付帯する海外旅行保険、何が大事?

海外旅行が決まった時に、旅行会社や航空会社などから旅行保険を進められる、そんな経験ありますよね。海外となるとリスクもありそうだし保険に申し込むべき?でもお金もかかるし。。。そんな悩みを解決してくれるのが、クレジットカードに付いてくる保険です。多くのクレジットカードには無料で海外旅行保険が付いています。海外に行くときには、とても便利なもの。そんなクレジットカードに付いてくる海外旅行保険を正確に理解して、海外旅行を楽しみましょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険とは

「クレジットカードについている保険」は、クレジットカード付帯保険と言われています。こうした保険はカードによりそれぞれ適用条件は異なるものの、保険料が無料という点は、各社共通。それは、例えカードの年会費が無料だったとしてもやはり無料です。つまり、年会費無料のカードを持っていれば、実質無料で海外旅行保険が付帯するということです。海外に行くときに、海外旅行保険を追加で契約しなくていいというのは凄くお得で便利です。

ただし、この保険がカバーする範囲はクレジットカードごとに大きく異なります。この違いによっては、思わぬ落とし穴にはまりかねません。最も大きく異なるのは、「自動付帯」と「利用付帯」の違いです。簡単にまとめると、自動付帯の保険がベストでいつでも保険が有効、利用付帯は条件付きでしか保険が有効でない、ということを抑えることが重要です。

この2つの違いは、海外で役立つカード選びにおいて最重要ポイントの一つなので、具体的にどういうものなのか詳しくご説明していきます。

自動付帯の保険とは

自動付帯というのは、その名の通り、何もしなくても保険が自動的に付帯されるということ。つまり、クレジットカードの海外旅行保険が自動付帯となっている場合は、特に何もしなくても海外に行けば、保険が使えます。自動で保険が付いてくるのです。例えば事前にカード会社に連絡するというような手続きも必要なく、カードを使っていなくても保険が付いてきてしまうのです。ものすごく便利なため、自動付帯の保険が付いたクレジットカードは海外旅行には必須です。

利用付帯の保険とは

利用付帯というのは、その旅程中、旅費をそのカードで支払うことで海外旅行保険が使えるようになるということ。例えば、ツアー料金、飛行機代、ホテル代、空港までの公共交通機関などが、旅費だとされます。こうした費用をそのカードで支払って初めて、クレジットカードの保険が有効になります。*旅行中の飲食代は、カード払いにしても、利用付帯の条件を満たしませんので要注意。

こうした「カード利用の条件付きで有効になる保険」が付いてくるのが利用付帯の保険です。ちょっと面倒ですが、よく考えてみると旅行費用はクレジットカードで支払っていることが多いものです。少し意識しておくことで、利用付帯のカードも十分な保険効果を発揮してくれます。

さらに、あまりカード払いを増やしたくない場合は、自宅から空港までの公共交通機関のどこかをクレジットカード払いにしてしまえば、経路によっては千円以内で済ませることも可能です。公共交通機関とは、飛行機・電車・バス・船・タクシーなどのことを指します。空港バスの運賃をカードで払う、飛行機のチケットだけはカードで払う、等すると保険が有効になります。

普段の生活でメインに使っているクレジットカードが利用付帯の場合、普段の延長で交通費や宿泊費をカード払いにすることで問題なく保険が得られます。まずはお手元のカード(あるいは今申し込もうとしているカード)が自動付帯なのか、利用付帯なのか、しっかり確認しておきましょう!国内旅行は利用付帯、海外旅行は利用付帯、のようなケースもありますのでご注意を

カード付帯の海外旅行保険の補償期間

自動付帯、利用付帯の何れの場合でも、クレジットカードの海外旅行保険には、補償期間というものが決められています。クレジットカード付帯の保険は無期限に補償してくれるわけではなく、一定期間だけ保険がカバーしてくれる仕組みになっています。短期で海外旅行をするという人は、ほとんど気にする必要はありませんが、長期の海外旅行に出る、或いは海外に住むので日本に帰るのはかなり先、という場合は注意が必要です。

多くのクレジットカード付帯の海外旅行保険で、補償期間は日本出国から90日間とされています。約3ヶ月間ということになります。しかし、カードによっては30日間などもっと短い場合もあります。必ず事前に補償期間を確認しておきましょう。

この補償期間は日本出国からの日数でカウントされるため、一度日本に帰って来ればリセットされます。1年のうちに何日までといった決まりもありません。そのため、長期間海外を放浪・・・といった場合でも、90日毎に日本に帰ってずっと無料で海外旅行保険を使い倒す、なんていうことも可能です。

海外留学や海外駐在の場合は?

長期で海外に滞在する場合でも、補償期間内ではクレジットカード付帯の海外旅行保険が使え、渡航目的が海外留学や海外出張のケースでもカード付帯の保険が有効です。ただ、海外滞在が長期になるため、補償期間を超えるかどうか、チェックをしておく必要があります。

長期で海外に行くような場合、カード付帯の保険の補償期間が切れるまでは、新たに海外旅行保険を申し込まなくてもいいかもしれません。補償期間が切れる前に、新しい保険を契約してしまえばいいのです。

特に滞在先の国の旅行保険に加入できるような場合は、この方法で問題ないでしょう。

日本の海外旅行保険に加入したいという場合は、事前に、海外滞在中に途中加入ができるかどうかを、契約したい保険会社に確認しておくようにしましょう。

カード付帯の保険は万能?補償内容について

クレジットカード付帯の海外旅行保険はとても便利なもの、とはいえ無料のオマケなので、やはり制限があることにも留意が必要です。

カード付帯の海外旅行保険では、お金を払って契約する保険のように補償内容を自分で選ぶことはできず、補償金額が安くなってしまう場合があります。補償内容については、カード会社ごとに異なるため、自分のカードはどの程度補償されるのかを確認してみましょう。お持ちのカード付帯の保険では補償内容が十分でない場合、別途、保険内容が充実したカードを持つ、あるいはお金を払って海外旅行保険を契約することも選択肢になります。

例えば、疾病死亡という病気で亡くなった場合については、カード付帯の海外旅行保険ではカバーされず補償が無いこともあります。最悪の場合、現地で急な病気になって多額の医療費がかかっても、あるいは後遺症が残っても補償されないのです。一方、ケガが原因で亡くなった場合には、多くの場合で補償が付いています。

こうした補償内容の違いは、保険会社と契約する海外旅行保険を購入する時でも同じです。クレジットカードの場合、あまりカード付帯保険を意識せずに申し込み、海外旅行の直前に気になって調べる、なんてこともよくあります。この時に、もし補償が不足していそうであれば、他のカードを検討する、或いは海外旅行保険を購買することも考えてみてください。

同行家族への補償について

補償内容の一つに、家族に関連するものがあります。これはカード付帯保険ごとに大きくことなるため、要チェック事項です。

家族特約

クレジットカードには、家族特約付きの海外旅行保険が付帯しているものがあります。これはクレジットカードを持っている本人の家族は自動的に保険の範囲に入る、という優れモノです。保険としてのカバー範囲が広いため、非常に有り難いサービスであるものの、その分維持費が高いカード(ゴールドカード等)が多く、維持費と保険料を見比べてみるのも大事になります。

家族カード

クレジットカードには、家族カードというものがあります。家族カードを持っていれば、その家族カードを持っている人についても、補償を受けることができる、というパターンがあります。

家族カードもクレジットカードなので、18歳以上の人だけがクレジットカードを持てます。そのため、家族での海外旅行で18歳未満の子供がいると、その子供は家族カードを持てず保険も対象外になってしまいます。その対象外の子供の分だけは、日本で海外旅行保険を契約する、といった手当ても考えたいところです。

まとめ

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、面倒な手続きも費用もいらないため、とても便利です。特に自動付帯の場合は、何も考える必要無く、自動でカードが保険効果を発揮してくれます。海外に行く機会がある方は、少なくとも1枚、自動付帯の海外旅行保険が付いたクレジットカードを持っておくことがおすすめです。

この便利なカード付帯保険も、補償期間や内容(範囲や金額)については、カード毎に大きく異なります。行き先、旅程、条件、そしておさえておきたい補償内容に対して、持っているカードに付帯する海外旅行保険が十分なのか、一度チェックをしておくと旅行の時にも安心ですね。